話を聞く(Vol.5)

あなたは、相手の話を聞きながら
どのような反応を相手に返していますか?

まさか、全く無反応ということはないと思いますが、
相手が話を聞いてもらっていると思える反応を返していますか。


2/28のメルマガで相手の自己表現欲求を満たすことが
聞き上手への近道だとお伝えしました。

その自己表現欲求を満たす一つの手段が、
相手に存分に話をさせることであり、
そのために相手に返す反応が重要
なのです。


では、相手に存分に話をさせるための反応とは何か。

それは、相手の話に対して、理解した、共感した、もっと話を聞きたいという
意思表示を伝える反応であり、言動
となります。

この理解、共感、もっと聞きたいという言動を継続的にすることで、
相手は自分の話を聞いてくれていると感じ、さらに話をしてくれます。


それでは、具体的に何をすればいいのか。

その一つの方法として、うなずきやあいづちに代表される
言語調整動作
があります。

この言語調整動作は、話を進めたり止めたりする効果があるため
相手の話を引き出す
ときに非常に役に立ちます。

では、どのようなうなずきやあいづちが
相手に伝わりやすいのか・・・


次回、そのポイントについてお伝えします。


あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」

"話を聞く(Vol.5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント