相手を知る

今回より、

「自分の軸を持ってどう表現していくことが
あなたを輝かせるのか」


をテーマにお伝えしていきます。


あなたは、人との会話でよく話す方ですか?
それとも、よく聞く方ですか?

これまで、己を知り、自分の軸を持つことについて
お伝えしてきました。



あなたが己を知り、揺るがない軸を持つことで
話す言葉が一貫します

また、人の話を聞いても軸がブレないために
しっかりと話を聞くことができます


そしてなにより、軸を持ったからこそ自分は自分、人は人、違うことが
当たり前だということを認め受け入れる
ことができるようになること。

相手のことをもっと知りたいという気持ちが強くなり、
自分を伝える以上に、相手を知ろうという姿勢で人と会うようになること。

これらが、実はあなたにとっての強みになるのです。

自分のことばかり話している人は多く見かけます。

でも、相手のことを知るために話を聞こう、もっと引出そうとする人は
多くはありません。

そういった人を一般的には聞き上手などと呼びますが、
己を知り、自分の軸を持つことであなたも聞き上手になることができます


さらに、孫子の兵法でも、

「彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。
 彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。
 彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。」

とあります。

要は、相手を知り、自分自身のことも知ればリスクはなく
何事も上手く進みやすい。

しかし、相手のことも、自分自身のことも知らないのでは、
リスクが多く、何事も上手くいかない。

だからこそ己を知ることができたなら
次は関わっている人に目を向けることが大切なのです。


それでは、相手を知るためにはどうすればいいのか・・・
その具体的な方法について次回からお話していきます。


あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」

"相手を知る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント