己を知る(Vol.4)

あなたが一人でいる時間は一日どの位ありますか?


現代社会、特に人が多い都市部だと
なかなか一人になる機会は少ないのではないでしょうか。

たとえ家に帰っても、今度はテレビやパソコン、
家族との会話などが待っています。

これらの時間が悪いという訳ではもちろんありません。

でもだからこそ、意識的に一人になる時間を作り、
何もかも一旦忘れて自分自身に集中してみることが必要
なのです。

そうすることで、普段見えていなかったこと、
感じていなかったことに気付くことも多いのです。


ひとりでいる時間を作るために散歩をする場合、歩きながらだと
余計なことはできないので自分のことに没頭し易いものです。
   
一方、ひとりカフェの場合、コーヒー等のカフェインには
覚醒作用があり、気分転換やリフレッシュ効果があります。

そんなリラックスした状態でノートやパソコンに思いつくまま
言葉を書き綴っていくと、自分自身の内面が言葉となって出てきます。
   
以前書いたことを読み直して、
さらにそこから感じたことを書くのもいいでしょう。


特に朝のひと時のひとりカフェは格別です。

新鮮な気持ちで昨日の自分を振り返り、
今日の新しい一日について考える。

それだけで素晴らしい一日を始めることが
できるはずです。


さて、ここまで己を知る方法として本を読むこと人と話すこと
ひとりでいる時間を作ることについてお話してきました。

これらはいずれも自分自身について深い部分では理解しているが
表には出ていない自分を掘り起こす作業
です。

外見や見てわかることも勿論自分自身ですし、
目に見えない内面、自分が考え、感じていることも自分自身です。

では、この両者が無関係かというとそうではなく、
内面が外見を輝かせ、外見が内面を磨くこともあります。

それは成功者と呼ばれる人が発するオーラや言葉を聞いていると
感じるのではないでしょうか。


さて、少し話が逸れましたが本題に戻すと、己を知るためには、
自分自身を深く掘り下げていくことが必要になります。

これは以前ジョハリの窓についてお話した際の
公開された自己と隠された自己を広げていく作業にあたります。


一方で、自分以外の人の言葉を通じて自分が知らない自分自身を
発見していくこと
も必要となります。

こうして、自分が知っている自分自身と人が知っている自分自身を理解し、
より深めていくことで本当の自分が見えてくるのです。

それが自分の軸となって、生きていく中であなた自身を支えてくれます


それでは、自分の軸とは何か?

そして、その軸を持ってどう表現していくことが、
輝く未来を自分らしいコミュニケーションで切り拓いていく方法なのか?

その内容を次回からお伝えしていきます。

あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
(個人名は伏せますのでご安心ください)
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」

"己を知る(Vol.4)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント