相手を見る

あなたは、人に話を伝えるときに自分目線になっていますか?
それとも相手目線になっていますか?


どうしても自分が相手に伝えたいことがあると、自分のことを
伝えたいという思いで一杯になってしまいがちです。

それも当たり前のことだと思います。


でも、相手にどうしても伝えたいことがあるのなら、
まずは自分目線ではなく、相手目線に立つことが大切です。

今まで何度もお話しているように、相手が受け取りたいと思う、
あるいは受け取りやすいボールを投げること。

それが、実際に相手に伝わることに繋がると思います。


そしてなにより、いつでも誰にでも同じ自分を表現していても
それは一方通行、独りよがりに過ぎません。

本当は伝わるものも伝わらなくなってしまいます。


それでは、どうやって相手目線に立って伝えていけばいいのか?

それは、相手を見る=観察することです。

見るといってもなかなかピンと来ない方もいると思いますが、
まずは見えるところから見ていきます。

相手の表情、距離の取り方、アイコンタクト、しぐさ、
声の調子、言葉遣い…etc.

見るところはたくさんありますが、まずはわかりやすい
2~3ポイントに絞って見てみるといいでしょう。


例えば、表情が曇る、一歩後ろに引かれる、目線を外される等は、
見ていればすぐにわかる相手からのNG信号です。

逆に、体が前傾してくる、アイコンタクトが多くなる、
声が上ずる等は、もっと話を聞きたいという合図です。

こうやって相手の反応に合わせて
自分の表現を変えていく
こと。

それが、相手目線で伝えるための第一歩になります。


そうすれば、少なくとも相手はあなたの話を
聞こうとしてくれるはずです。

そして上手くすれば自分の伝えたいことが
相手に伝わるかもしれません。


それでは、自分の伝えたいことを確実に相手に伝えるには
どうすればいいのか?

次回は、相手の観察とそれに合わせた伝えた方について
詳しくお伝えします。

あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」

どう伝えるか

あなたは、直前まで話していた内容を忘れてしまった
といった経験をしたことがありませんか?

人は、聞きたいことしか聞かない、興味があることしか
覚えない傾向があります。


そのため、伝えるときにはなるべく相手がその前に話していた話題、
言葉、話し方に近づけて話す
ことが大切となります。

決して押し付けるのではなく、一方的に伝えるのでもなく、
相手が聞きたいと思うように話を進めること。

特に、前回のメルマガでお伝えした通り、相手の質問に答えながら
伝えることが一番伝わりやすい
傾向にあります。


例えば、自分が伝えたいことが答えになって返ってくる質問をする。

あるいは、答えが決まっている質問をして、その答えをきっかけに
話題を広げたり、変えたりしながら伝えたいことに話を繋げる。

相手が今の瞬間に一番興味がある話題、その会話の中で長く、
熱が入って話していた話題に絡めた質問をして興味を持たせる。


方法はいろいろとありますが、まずは相手にボールを投げること。

次に、ボールが返ってくるのを待って、返ってきたボールに
メッセージを乗せて投げ返すこと。

そして大切なことは、返すときには相手が受け取りやすいように
返す=伝える
ということに尽きます。

そのために必要なことがあります。


それは、自分自身の興味の幅を広げるということです。

相手から話を引き出す際には、相手の話題を多少なりとも
知っている必要があります。

とはいっても、全てを深く知ることが必要という訳ではありません。

言葉の意味、内容、自分にとって何が興味があるのか等を
押さえておけば大丈夫です。

これは、相手が何を話しているのかがわかり、その話を
自分が話せる話題へ繋げるため
に必要だからです。


ここまでで、相手の話に自分の伝えたいことをかぶせながら
伝える方法についての流れを理解いただけたと思います。

次回は、伝えるということに焦点を当てて、言葉の選び方、
話し方などを相手の読み取り方と合わせてお伝えします。


あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」