「あなたを輝かせる表現術」

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝えたいことを話す前にやるべきこと

<<   作成日時 : 2010/05/16 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたは、相手の話と自分が伝えたい話が全く別の場合、
どうやって自分の話題に変えようかと悩むことがありませんか?

そんなときは、自分ではなく相手が話題を変えてくれるように
聞き方や返す言葉に工夫を加えてみてはいかがでしょうか。

例えば、人に何かお願いをしたい場合…

最初は相手の近況をとにかく聞き出して、
自分のことは一切話をしません

そうやって、ある程度話してもらい相手が満足すると
多くの場合は、相手がこちらの近況を聞いてきます。

そのときに、「実は」と言ってお願いしたいことを
悩みとして伝えてみます


相談に乗ってもらう感じで話を進めながら、
相手に自分が困っている状況を理解してもらうことに集中します。


さらに、「解決してくれそうな相手がいない」といった内容を伝えながら
目の前の相手が「それなら私が」と思うように少しずつ話を進めます。

そして、相手から「よし、それなら私が」という言葉を引き出すまで
粘り強く、話を進めていくこと
ができれば成功です。


でも、なかなか相手から引き出せないようであれば、最後はこちらから
「もう、あなたしかいない」とお願いしてしまってもいいでしょう。

そのときは、相手が自分の話に共感してくれている状態である
ということがとても大切になります。


このように相手の話を無理やり変えるのではなく、相手から自分に対して
質問を投げかけてもらえる状況を作ることで自然に話題を移す


そうすることで、相手が話を聞く状態で自分の話ができる状況を
作り出すこと
ができます。

そうなれば、あとは自分の伝えたいことを相手に伝わる言葉で
話すだけです。


でも、いつも上手く相手が質問してくれる状況が
作り出せる訳ではありません。

そんなときに、相手との話の中で、相手が言ったことに
自分が伝えたいことをかぶせて伝えることが必要
になってきます。

そのための話のかぶせ方について、次回は事例を交えながら
そのコツをお伝えしたいと思います。


あなたのご質問・ご相談もお待ちしています
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P14063106

◆たった三日間で『結婚式のスピーチ原稿を書き上げる方法』(無料レポート)
◆「結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法」

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝えたいことを話す前にやるべきこと 「あなたを輝かせる表現術」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる